【同行者紹介】日本とベトナムの架け橋・伊藤圭志さん

ビラスタートの役員であり、旅革命を支える伊藤圭志。
その略歴や人柄を紹介します。

伊藤圭志とは?

三重県出身の主にベトナムで活躍する起業家。
大学卒業までも壮絶な人生を歩んでいらっしゃいますが、詳しくは講演会や研修中にぜひ聞いてください。今回の記事は大学卒業後から紹介したいと思います。

2003年大学卒業後

チャイナplus1を意識し、東南アジアのベトナムへ移住。
ホーチミン人文社会大学ベトナム語コースでベトナム語を学びながら、当時ベトナム国営企業の中で2番目に大きなベンタイン社に入社する。

社会主義国の国営企業に勤めながら人脈を広げ、2005年に現地旅行会社をベトナム人パートナーと設立し、日本人旅行客を年間で40000人になるまで拡大。

2005年 小泉政権の聖域なき構造改革の時には…

外国人労働者派遣の規制緩和の機会に、人材ビジネス業界へ身を置く。

2007年 登録者数5,000人、実働500人の労働者派遣会社のNo2に抜擢され、トヨタ・ホンダなどを支える東海地区の製造業に携わる。
これによって、年商30億円を達成。

 

2008年 後半 リーマンショックによる不景気…

世間では大量の解雇者が発生していたが、実力があったり、必死で頑張る外国人労働者達が仕事を失うことがない状況を目の当たりにした。
また、特にベトナムから呼び寄せた優秀なエンジニア達は、日本が不景気になるからとアメリカやシンガポールへ移住を検討しており、彼らグローバルな視野の広さに驚くとともに日本人の視野の狭さを感じるようになる。

2010年 教育活動に進出

今までの経験を生かし、学生向けのイベントを全額自費で毎月イベントを開催するようになる。
学生時代に海外をバックパッカーとして旅した経験を生かし、日本の学生達が海外に目を向けたり、殻を破るような機会をつくりたかった。

これを気にスタディーツアーの主催や、教育系の一般社団法人の立ち上げをするようになる。

2016年 旅革命研修が始まる

2015年に開催したトヨタ系の若者たちのとのスタディーツアーを前身に、吉野裕斗とともに海外教育研修「旅革命研修」を開始する。
世界の中での日本の立ち位置や世界のリアルを旅を通じて伝え、また一個人の強みや夢を大事にする生き方を研修を通じて学べる機会を作った。

また、一連の流れが認められ、孫正義の後継者育成期間の「ソフトバンクアカデミア」にも入校。

現在は…

ベトナムの現地新聞でも紹介されている

今まで紹介した以外にも様々な分野で活躍中である。

公益財団法人あいち産業振興機構の国際アドバイザー
訪日ベトナム人を中心としたインバウンド事業
ベトナム進出・ベトナム人採用コンサル会社の代表取締役など…
(他にもベトナムでホテルや焼肉屋のオーナーも?)

様々な業種に関わり、まさに日本とベトナムの架け橋だと言える。

その中でも教育活動にも大きく力を入れており、それらの学びを若い世代に還元しようと動いている。

伊藤圭志氏の人柄

ユーモアに富み、学生と同じように楽しむのでより学生からの信用・信頼が厚い。
数多くの実績や人脈があるにも関わらず、学生などの若者と対応に会話をし、誰からも学ぶ姿勢を持っているところも魅力の1つ。

お二人のお子さんがいらっしゃり、2台持ちのスマホはそれぞれのお子さんの顔写真がロック画面になっているなどの子供に対する愛が随所に見られるのが素敵です。

代表理事伊藤圭志プロフィール

ぜひ、ケイジさんの講演会やイベントにて、直接、話を聞いて欲しいと思います。
また、旅革命研修では10日間、ケイジさんのファシリテートの元、自分と向き合ったり、現地のことを教えてもらえるので、ぜひ参加のご検討をしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA