【晴太郎】国立大学を中退しミュージシャンになった男|オーストラリアの放浪旅で得たものとは?

 

みなさん、近い将来、ミリオンセラーを達成し、日本の音楽業界に名前を残すであろう人物を知っていますか??

 

その人物の名前は「晴太郎」です。

 

神奈川の国公立大学を1年で退学、そのあとは音楽の道に進み、2018年3月から、4ヶ月間のオーストラリア放浪旅。

 

今回は、そんな晴太郎のインタビュー記事です。

晴太郎の簡単な略歴

 

  • 2016年 神奈川の国立大に入学
  • 2016年 神奈川の国立大を退学
  • 2017年 毎日、横浜の路上でストリートミュージシャンを
  • 2018年 オーストラリア放浪旅
  • 現在 日本で音楽活動中

 

経歴をざっと並べると、このような感じになります。晴太郎は、2018年の3月にワンライブをしてからオーストラリアに旅たちました。一体、そこで彼はなにをしていたのでしょうか??

 

 

それでは早速、インタビューして行きましょう!

 

なんでオーストラリアにいったの?

 

いざわ
そもそもなんでオーストラリアに行ったの?

 

 

晴太郎
なぜかわからないけと、オーストラリア行きのチケットを持ってた。

 

 

いざわ
………

 

 

いざわ
具体的に、オーストラリアではなにをしてたの?

 

 

 

晴太郎
旅して、恋して、路上で歌ってたよ。

 

 

いざわ
ほうほう

 

オーストラリアの旅中|序盤

 

いざわ
オーストラリアに到着してからの流れを教えて欲しい。

 

 

晴太郎
まず、オーストラリアのケアンズに、朝の5時に着いたんだよね。

 

 

晴太郎
それで、最初に日本円をオーストラリアのお金に変えようと思ったんだけど、レート悪そうだったから歩いて外に出た。

 

 

晴太郎
でも田舎町だから、お金を変えられるとことがなくて困ってたんだけど、日本人に会うことができたんだよ。その人に、ヒッチハイクでマリーバという街に連れて行ってもらったんだ。

 

 

いざわ
いきなりヒッチハイク成功させたんだ!

 

 

晴太郎
で、その街ではじめてストーリーとで歌を歌ったんだけど……

 

 

いざわ
おーーー、どうだったの?

 

 

晴太郎
めちゃめちゃ成功したんだよ!!

 

 

晴太郎
オーストラリアって、北道一号線という道がオーストラリアを一周してるらしくてさ。そこでおれはこう思ったんだ。

 

 

晴太郎
どこまでも行けんじゃね!

 

 

晴太郎
無一文でいけるんじゃね!

 

 

晴太郎
ヒッチハイクでオーストラリア一周してやるわ!

 

 

いざわ
すげぇ思い込みだ!!!

 

 

 

晴太郎

 

オーストラリアの旅中|中盤

 

いざわ
(晴太郎のオーストラリアの物語は、インタービュー開始30分間で、まだ3日間しか進んでいなかったためかなり省略しながら進めていきます。)

 

 

晴太郎
ほかに、オーストラリアでしたことは、エアーズロックみながらスカイダイビングしたり

 

 

晴太郎
イヤリング作ってる人の友達と仲良くなって恋をしたり、映画「イントゥーザワイルド」に感化されて

 

 

晴太郎
全てをぶっ壊してぇ!!

 

 

晴太郎
そんな気持ちになったなぁ

 

 

いざわ
たとえば、なにを壊したくなったの?

 

 

晴太郎
具体的なものは、あんまりないんだけど、決められたルールや暮らし

 

 

晴太郎
たとえば大学から就職する流れとか

 

 

晴太郎
全てをぶっ壊したかった

 

オーストラリアの旅中|終盤

 

晴太郎
夢がずっと欲しかったんだ。

 

 

晴太郎
心の底からゾクゾクするような感情が。そんな感覚がずっと欲しかった。

 

 

晴太郎
熱狂できる「なにか」をオーストラリアの旅で見つけたくて、今回はずっと旅をしてたな。

 

オーストラリアで変化したことは?

 

いざわ
オーストラリアを旅して、自分の中で変わったことってあった?

 

 

晴太郎
あったよ!

 

 

晴太郎
なにやるにしても、俺ならできると思った。

 

 

いざわ
それだけ聞くと、すごい成功体験があって自信がついたように思えるんだけど、きっかけってなんだったの?

 

 

晴太郎
オーストラリアでさ、ある占い師の人に質問してみたんだ。

 

 

いざわ
どんな質問?

 

 

晴太郎
成功してる人と、失敗してる人の違いは?

 

 

晴太郎
そしたら、その占い師の人が「運です」って言っててさ、クソムカついたんだよね。成功するためには神に祈りましょうとか言いやがって。

 

 

晴太郎
めちゃめちゃイラついて、おれはサイコロを振り続けようと思った

 

 

いざわ
どういうこと?

 

 

晴太郎
サイコロって1から6まで目があるじゃん。ゲームで大きく進むためには6を出したいけど、そんなもんサイコロを振ってみないとわからないよね。1がでるかもしれないし、3がでるかもしれない。

 

 

いざわ
挑戦し続けるっていうこと?

 

 

晴太郎
そうだね、目の前のことに一生懸命取り組みたい。

 

 

晴太郎
いまは、その挑戦することが意識的にできるようになってるから、これからもサイコロを振り続けることを続けてく。

 

これからの予定は?

 

いざわ
晴太郎って、これからはどうする予定なの?

 

 

晴太郎
まず、バンド組んでライブやる!

 

 

晴太郎
そのバンドで100人集めてライブをすることが目標になってる。でかい目標として、武道館でライブやりたいけど、それは飾りにすぎなくて、目の前のこと1つ1つに挑戦することが楽しい。

 

 

晴太郎
今度は、アメリカを横断しながら音楽活動をやりたいな!

 

最後のまとめ

 

いかがでしたか?

 

大学を退学して、自分のやりたいことに没頭して挑み続ける彼はめちゃめちゃかっこ良かったです。口でやりたいことを語るのは簡単だけど、実際に動いている人は少ないですよね。

 

 

この記事を読んで、そんな晴太郎に会いたくなっちゃった人。たぶん、横浜の路上で音楽活動をしてるはずです。見かけたら優しく対応してくれると思うので、ぜひ、話しかけてみてね!

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!!

 

編集者が選ぶ、晴太郎のおすすめの曲

 

 

 

 

勝手に応援される晴太郎のTwitter

 

ぜひフォローしてみてね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA